HIkc964r.jpg

目次
1・ゴルフのアプローチに関する悩み事とは?

2・ゴルフのアプローチが上手くなる秘訣とは?

3・ゴルフのアプローチの真髄とは?

4・本当に効果はあるのでしょうか?

5・練習にかかる費用とは?

6・1回の練習時間とは?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他のゴルフ練習法と比べると・・・

9・ゴルフのアプローチが上手くならないと・・・

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



0-2.gif



ゴルフのアプローチが上手くなる秘訣とは?

基本的にアプローチショットはハンドファーストで
ダウンブローに打ちます。


しかし、アマチュアゴルファーはボールを揚げようとする意識が強すぎるためにボールをヘッドでしゃくってしまう傾向にあります。


これはアプローチショットに対して少なからず
苦手意識を持っているからです。


アプローチショットを打つ場合のポイントとして、アドレスをとるときには通常のゴルフスイングをする時と異なり、両足に平均に体重をかけないようにしましょう。


体重をかけてしまうとバランスが悪くなってしまいクラブヘッドの軌道がどうしても狂ってしまう場合が多くなってしまいます。


アプローチショットをする場合には、スタンスを狭くします。


極端な言い方をすると、両足をほとんど揃えるような感じにしてから
体重を最初に左足に乗せておくことが基本になります。


そして、ゴルフクラブを持ってハンドファースト
になるように構えます。


打つべきゴルフボールは体の真ん中のラインよりも
右側になるように構えます。


アプローチショットを打つ時には体重移動をしないということを常に頭の中に思い描くことで、失敗を防ぐことができるようになります。


この時に手首のコックはあまり使わずに、肩全体でスイングをすれば、スムーズに触れてより良いスイングができます。


以上のようにアプローチショットでは他のショットと異なり、バックスイング時に体重移動をすることが難しいので最初からインパクトの形を作っておくとクラブヘッドの軌道が安定します。


上記以外にもアプローチショットが上達するためには

「アプローチの正しい打ち方、原理原則」
「最も効果のある練習法」
「さまざまなテクニック」


などがあります。


しかし、実は「アプローチは、2つの打ち方だけ練習すれば良い」のです。


アプローチには2つの「方向性」が有り、その2つの練習をする事で、 あらゆる状況からの打ち方、さまざまなテクニックに対応できるようになります。


いかがでしたでしょうか?


少しはお役に立ちましたでしょうか?


もし、あなたもアプローチの練習方法で悩んでいるようでしたら
ゴルフのアプローチ練習の専門家さんをご紹介しましょうか?


リンクを貼っておくのでもし宜しければ参考程度に覗いて見て下さい。


コチラのサイトの方に聞きました。 


ご質問がある場合はコチラからどうそ!


次回は、このゴルフのアプローチ練習の専門家さんに
私が教えてもらったことをもう少し詳しくご紹介しますね。


続きを読む>>>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。