HIkc964r.jpg

目次
1・ゴルフのアプローチに関する悩み事とは?

2・ゴルフのアプローチが上手くなる秘訣とは?

3・ゴルフのアプローチの真髄とは?

4・本当に効果はあるのでしょうか?

5・練習にかかる費用とは?

6・1回の練習時間とは?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他のゴルフ練習法と比べると・・・

9・ゴルフのアプローチが上手くならないと・・・

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



0-2.gif



ゴルフのアプローチが上手くならないと・・・

今日は前回の予告どおり、アプローチに関する恐ろしいお話です。がく〜(落胆した顔)


私もそうでしたが、どうも世間の皆さんはアプローチついて
甘い考えを持っているみたいですね。


プロでもアマチュアでもパーオンしない限り、
必ずしなくてはいけないのがアプローチです。


ですから、ゴルフのスコアアップの秘訣はアプローチにあります。


上手な人は口をそろえて言います。


ゴルフのスコアで一番大切なのはショートゲームだよ


実は、プロの世界でも、賞金ランクの上位にいるプロは、
アプローチが上手く、パーセーブ率の高い選手なのです。


しかし、アプローチとパッティングはゴルフスコアに一番重要なのに、多くのゴルファーは練習不足になります。


でも、アプローチのコツを学ぶと、驚くほどスコアが良くなります。


1ラウンドのスコアを比べてみましょう。


パーオン率はトッププロで70%です。
(殆どのプロが60%台です。)


アマチュアゴルファーなら35%が平均的でしょう。


つまり、18ホールで6回パーオンという計算です。


アプローチ以外の、ショット、パッティングの条件が同じとして、アプローチが苦手な場合と、得意な場合のスコアを比較してみましょう。


6回のパーオンは全て2パットのパーとして計算します。


では、残りの12回のアプローチで、
どれだけの差が出るでしょうか?


■アプローチが上達する前

12回のアプローチで、2回は1オンして2パット。

4回は2オンして2パット。

6回は3オンで2パット。

6回パー、2回ボギー、4回ダボ、6回トリプルで、スコアは100

■アプローチが上達した後

12回のアプローチは全てグリーンにオンして、
12回全てがオンして2パット。

6回パー、12回ボギーで、スコアは84


どうですか?


実は、2つのスコアの違いは、アプローチの数だけです。


アプローチ以外の技術が同じ場合、アプローチが上手いか下手かで、
スコアの差は100と84となりました。


アプローチが苦手な場合、グリーンを往復したり、
グリーンに届かなかったりと何回もアプローチをすることになります。


アプローチが得意だと、次に1パットを狙う位置に
ボールを運ぶことが出来ます。


だから、スコアが伸びます。


以上、アプローチにまつわるちょっと怖い話をしてきましたが、
あなたのアプローチ練習方法はこのままで大丈夫ですか?


私でお役に立てることがあればお手伝いさせて頂きますよ。


お気軽にご質問ください。


ご質問はコチラどうぞ!


効果的にアプローチが上手くなりたいと考えているなら
コチラを購入した方が手っ取り早いと思います。


価格以上の価値はありますので。


ヒロシからのメッセージとは?


続きを読む>>>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。